トップへ戻る

ケノミカ 20代女性 薄毛

ケノミカ20代の女性が薄毛になってしまう原因

 

ここでは、20代女性薄毛になってしまう深刻な原因と、薄毛になってしまう日ごろ行っている習慣について解説していきます。

 

 

以外に気付かないストレス。

 

 

 

特に人間関係で積み重なるまるストレスは、少しづつ精神を食いつぶし
やがて厄介な状況になります。
ストレスによる髪の影響は良く取り沙汰される問題です。

 

ストレスによる髪に現れる特徴としては

  • 薄毛
  • 円形脱毛症

です。

 

これは、積み重なったストレスが自律神経に働き、交感神経のバランス徐々に崩していきます。
髪に影響を与える血流障害は交感神経によるもので、血の滞りは毛乳頭への栄養供給を阻することになります。

 

交感神経によって栄養を絶たれた毛乳頭は、自らの役目を果たせず髪は

  • 力をなくし
  • やせ
  • 抜け落ちます。

なので、血流を改善するために交感神経を正常に戻さなければいけません。
その方法としてストレス発散がありますその方法は

  1. ジョギング。
  2. 温泉でリフレッシュ。
  3. 没頭できる趣味。

この3点がうまくいくと自律神経が正常化されて血流は改善されてきます。

 

 

 

 

髪を健康に保つには、ストレス発散法を探すことも大切ですね。

 

 

バランスの悪い食習慣

 

 

 

20代という若い時期は無謀です。

  • 暴飲暴食
  • 夜遊び、睡眠不足
  • 栄養バランス崩壊

どう見ても髪にはよくないですね!

 

奇麗でありたいと無理なダイエットは、必要な栄養を摂り入れることができなくなります。
栄養失調は女性ホルモンのバランスを乱します。
女性ホルモンの減少は髪にとってはかなりの痛手になります。

 

 

パーマやカラーリングによる薬剤の刺激

 

 

 

パーマやカラーリングはお洒落を追求する貴女に必需品。
ついついカラーリングに走っチヤイますよね^^

 

カラーリング剤の中には、色落ちが早いのもあって繰り返し行う必要があります。
頻繁に繰り返すカラーリングは髪と頭皮への悪影響を加速させます。

 

 

パーマやカラーリング剤は頭皮への刺激が強く、手に付くとかぶれてたりします。
みて見て、美容師さん↑シッカリ手袋してますよね^^

 

刺激の強い薬剤を、直接頭皮や髪につけるわけですから痛まないはずありませんね。
パーマやカラーリングを繰り返す貴女のその行為が、若年の薄毛につながります。

 

 

注意すべきポイント

 

 

1)カラーリングはヘアサロンで。

 

 

 

ヘアサロンでは、既に染メタ髪には弱めの薬剤。

 

新しく伸びてきた髪にはしっかり染めるために少し強めの薬剤を
使い分けるという工夫がされています。

 

 

 

 

しかし、このカラーリングを自分で行うとなると、それは至難の技。
生え際などの難しい部分はどうしても工夫が必要で、専門にしていないとチョット大変ですよね。

 

 

 

 

その結果、肌トラブル発症させてしまうんです。

 

 

自分でするときの注意点

  • パッチテストでアレルギー反応が起きないかチェックをする。
  • 薬剤がついたら不味い部分にワセリンを塗り、肌に薬剤がつかないようにする。
  • ダメージを防ぐ方法として新しく生えてきた髪の染まっていない部分だけを染めるようにする

 

 

2)生理の時期はカラーリングは控える

 

 

 

ホルモンの影響で、生理前は肌が薬剤に反応し易くなるので、生理の時期は控えたほうがよいでしょう。

追伸
※薬剤使用の繰り返しはアレルギー(アナフラキー)を引き起こす確率が高くなるので。
できれば専門のヘアサロンで行うことがグッドです。

 

 

3)薬剤がシッカリ洗い落とせない

 

薬剤は髪に染み込みやすいように開発されているので、毛穴にもシッカリ浸透します。
薬剤が浸透した毛乳頭はダメージを受けて薄毛へと一直線です。

 

 

 

最後に

 

 

 

20代女性の薄毛の原因は、主に、女性ホルモン異常や自律神経の乱れが一般的です。
なので、これらが改善されれば、殆どの薄毛の症状も改善されていきます。

 

しかし、上記の症状が改善されたにもかかわらず、髪に変化が見られない場合は
他の問題があるかもしれません。
それにトラブル期間が長くなると、髪の再生が難しくなる場合があります。

 

なので、20代で薄毛が気になり始めた時は、早めに専門医に診てもらうのがいいでしょう。
何か違う問題があるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

page top